ギャンブラーは大金獲得を夢見るものです。ジャックポットを勝ち取るために、ギャンブラーは繰り返しカジノに足を運びます。勝ちを手にする日を夢見て長い間カジノに通い、ついにそれが実現したときのことを思い浮かべてみてください。

では、自分が獲得したお金は、どうなるのでしょうか。賞金獲得の前に、いくつか知っておくべきことがあります。アメリカでは以下のような流れとなります。

  • まず、手数料を支払う必要があります。1,200ドル以上の利益が出た場合は、ギャンブルにおける賞金として、特別な納税フォームに記入する必要があります。
  • カジノの従業員から、賞金額を伝えられます。誰かが大金を獲得した場合は必ずモニタリングルームに連絡が入り、あなたの身元確認を行うために、責任者がやってくるというわけです。

適切な身分証明書を持っていない場合、賞金は受け取れません。身分証明書を持っていなかった場合は、正当な書類を提出するまで、カジノ側が賞金を保管することになります。

  • 5,000ドル以上の賞金が出た場合は、小切手をオファーされるケースもあります。どのカジノも現金で支払うように努めてはいますが、州によっては法律の関係上少しややこしくなる場合があります。
  • カジノの従業員は、小切手を切るか現金を支払う前に、必ずマシンを確認します。ここで問題が見つかった場合、賞金が支払われない可能性もあります。カジノ側は、マシンが正常に作動していたかどうか、当たりが出たのは機械の誤作動の結果でなかったかどうかを確認する必要があるのです。

では、ラスベガスに行ってカジノで大金を獲得した、その後のことを考えてみましょう。きっと大喜びするはずですが、外国人として、賞金をできるだけ多く受け取るにはどうすればいいのか気になってくるかもしれません。というわけで、もしラスベガスで運試しをする予定を立てているなら、ここからの説明も読んでみてください。

カジノには米国税庁(IRS)のガイドラインがあり、それに従って運営されています。しかし、税金を回避したり、手数料を安く済ませたりする方法もいくつかあります。

  • プロのギャンブラーは、ラスベガスのトーナメントで数百万ドルを稼ぐこともあります。あなたがそんなプロの1人で、年内に米国で貿易やビジネスを行っていた場合は、米国の通常の利率で課税されます。この場合「米国でのビジネスに従事」している枠組みに分類され、賞金の30%を税金として収める必要はありません。

それ以外のケースとして、国外在住の場合は、手数料の支払いが発生します。

  • ただし、上記ルールが適用されないギャンブルの賞金もあります。IRSが公開しているリストによると、ブラックジャック、クラップス、バカラ、ルーレット、ビッグシックスホイールがこれに該当します。他方で、米国と減税合意を結んでいる国もあります。イタリア、フランス、ロシア、トルコ、スペイン、スウェーデン、英国に加えて、日本もこのリストに名を連ねています。これらの国の在住者は、税金の還付を受けられます。